新着情報NEWS

家にいる時間が増えて高くなる電気代の節約②

2020/07/10

 

学校の休校や仕事の休業に伴い在宅ワークなどの影響で家に居る時間が長くなっている方もいらっしゃるかと思います。また、休日でも外出が容易にできず家でテレビを観るなど家電に頼りがちになってしまうってませんか。在宅時間が増加すると、どうしても電気代が高くなってしまいます

翌月の電気代を想像すると、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな電気代は、ちょっとした工夫をするだけで減らすことができます!今回も前回に引き続き、少しでも電気代を節約したい方のために難易度別に節電方法をご紹介いたします。まずは自分でできる節電術から始めて、電気代を安く抑えましょう。

 

 

【難易度★★】家電ごとに節約、節電できる家電の使い方

家に居る時間を少しでも有意義に楽しく過ごすには、家電は切っても切れないものといえます。そんな家電の対策をするのも電気代の節約になります。家電ごとの対策をご紹介いたしますので、余裕がある方は試してみてください。

 

家電別の節約方法

 

冷蔵庫

・1回の開閉は短時間で、何度も開閉しない。

・冷蔵庫は整理してスペースに余裕を持たせ、冷凍庫は隙間なく詰める。

・温度設定を「弱」に変更する。

・冷蔵庫と壁や天井の間隔は広く空けて配置する。

 

エアコン

・フィルター掃除はこまめにおこなう。

・冷房は28度まで、暖房は20度までに設定する。

・部屋のドアは開閉を少なくする。

 

テレビ

・視聴しないときは主電源も落とす。

・テレビの明るさを「中」にする。

・テレビ画面をこまめに拭く。

 

 

【難易度★★★】これを機会に生活の見直しを!将来の電気代を安く抑えるポイント

電気料金の増加は、今までの生活を見直す良いきっかけになります。普段から「少し電気代が高いな…」と思っていた方にとっても良いタイミングかもしれません。使用している家電や電気料金のプランが電気代に影響している場合があるので、一度見直してみましょう。

 

省エネの家電製品に買い替える

古い家電製品は最新のものより消費電力が大きいため、この機会に思い切って買い替えるのもおすすめです。最新の家電であれば省エネ機能のほかにも便利な機能が搭載されているため、快適な生活に近づけることができますね。

 

契約アンペアを見直す

各家庭で電気を使用する際、契約アンペア数が決まっています。契約アンペアは家族構成や電気消費量に適したプランで契約しますが、契約アンペアが使用量より大きすぎて余るのであれば、高い料金で契約している意味がありません。

そのため、この機会に契約アンペア数が適しているか見直す必要があります。

また、「月々支払う電気料金をもっと安くしたい」「電気の使用を控えているのになかなか電気代が安くならない…」そんな時にも、契約アンペア数を見直してみましょう。

 

LEDへの交換・ブレーカー交換を検討してみよう

電球をLEDに交換したり、ブレーカーを消費電力が把握できるものに交換したりすることも節電につながります。自分で交換できるものもありますが、多くの場合電気工事士の資格が必要となるので注意すうrようにしましょう。

お子様の休校や在宅ワーク、休日の外自粛など家にいる時間が多くなると自然と電気代が高くなってしまいます。そんな中でも、こまめに電気を消すなどちょっとしたことを心がけて行うだけで、節電することができるでしょう。また、日常的に使用する家電の使い方を変えることも大切です。


愛知県の電気工事は株式会社 大志電気にお任せ下さい。


会社名:株式会社 大志電気

住所:〒486-0913 愛知県春日井市柏原町3-110

TEL:0568-29-6463

業務内容:電気工事業


お問い合わせ

電気工事に関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで