新着情報NEWS

ブレーカーが落ちる原因と対策方法について

2020/09/25

 

停電と思ったらブレーカーが落ちていたなんて経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ブレーカーの主な役割は電気を遮断することですが、ブレーカーは種類によっても役割も違ってきます。この種類をしっかり理解していないとブレーカーが落ちる原因と対策ができなくなり、もしものときに困るかもしれません。

そこで今回は、ブレーカーの種類と落ちた時の対策方法をご紹介いたします。

 

 

ブレーカーには3つの種類がある

ブレーカーがよく落ちるときは対策を考えなければなりません。しかし対策を知る前に、ブレーカーには3種類あるのをご存知でしょうか。3つはそれぞれ役割によって分けられています。

 

・アンペアブレーカ―

おそらくほとんどの人にとってブレーカーのイメージは、このブレーカーを指しているのではないでしょうか。分電盤の一番左についている一番大きなつまみのことを、一般的にはアンペアブレーカーと言います。契約ブレーカーや主開閉器とも呼ばれています。

電気を同時に使える量は、それぞれ電気会社と契約しているアンペアで決まっています。同時に使える量を超えてしまった場合にアンペアブレーカーが落ち、電気が遮断されることで電気の通っていない停電状態になるのです。

 

・漏電ブレーカー

漏電ブレーカーはアンペアブレーカーの右脇にある、一つのつまみことを言います。一般的には黄色と赤色のスイッチが併設されているものがほとんどです。

漏電ブレーカーはその名の通り、漏電が起きた場合に漏電を感知し、強制的に電気を遮断する役割を持っているのです。

 

・安全ブレーカー

本体の右端にある、いくつもの小さなつまみを安全ブレーカーと言います。いくつもある安全ブレーカーは各部屋に流れる電流を管理しているので、それぞれ電気機器の使い過ぎや故障等を感知して作動します。

このようにブレーカーにも種類があるので、ブレーカーが落ちてきたらそれぞれに合わせて対処することが必要です。

 

 

ブレーカーが頻繁に落ちる場合の対策方法

もし家のブレーカーが頻繁に落ちる場合は対策方法を考えなければいけません。その中でもアンペアブレーカーがよく落ちているのであれば、電気をつかう時間帯を分散させてみてはいかがでしょうか。

家全体で一度に使用する電気の量が多いと電力会社と取り決めている「同時に使える電気の最大量」を超えてしまう可能性があります。そうならないために一度に電気を使用するのではなく、分散させることが必要です。

そのために消費電力が高い家電を知っておくと便利かもしれません。また、契約している料金プランを見直してみてもいいかもしれません。家庭状況が変わり、もしかしたら家庭に見合ってない契約アンペア数になっている可能性もあります。電気料金プランを見直すことで、電気代の節約になるかもしれません。

 


愛知県の電気工事は株式会社 大志電気にお任せ下さい。


会社名:株式会社 大志電気

住所:〒486-0913 愛知県春日井市柏原町3-110

TEL:0568-29-6463

業務内容:電気工事業


お問い合わせ

電気工事に関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで