新着情報NEWS

コンセント増設の電気工事について

2019/03/08

お部屋の模様替えや新しい家電製品を購入した場合、

コンセントが必要な箇所に無かった事やコンセントまでの距離が遠くて困った事があるのではないでしょうか。延長コードやタコ足配線だと足が引っ掛かり転倒する可能性や火災の危険もあります。

そんな時におすすめなのがコンセントの増設です。

 

 

▶︎配線工事

新規にコンセントを設置しようと考えた場合、配線が必要となります。

配線方法には2つのパターンがあります。

 

・近くにあるコンセントから延長して配線を引く方法

・新規に分電盤から専用の配線を引く方法

 

コンセントを使用する電化製品の消費電力が少なければ、壁に穴をあけて近くのコンセントを活用することが可能です。

 

しかし、消費電力の大きいものは専用の配線を分電盤から新規に引きます。そのため、費用も通常より高くなります。

増設したコンセントは何に使用するのかを確認してから選ぶようにしましょう。

 

▶︎配線は埋め込みか露出

配線を引く方法には、壁の中に配線を通す方法と壁の外に配線を通す露出配線という方法があります。

壁の中に配線を引く方法

・配線が見えないので見た目がすっきりしている

・配線がコンセントにつながるような場所である必要があるため場所を選ぶ

壁の外に配線を通す露出配線

・断熱材などを使用しているなどの理由から、壁の中に配線を通すことが難しいに場合に行う

・工事が簡単に済みますが、壁や床、天井を這うように配線を引くので、見た目が悪くなる

 

コンセントの配線パターンは様々です

コンセントの配線パターンは用途によってさまざまです。

 

・1つの回路に1つのスイッチの配線

使用したい電化製品を1個使うために、必要なスイッチを回路内に1つ使う方法です。

構造が一番単純な方法となっています。

 

・1つの回路に2つのスイッチの配線

使用したい電化製品が2つあり、各々のスイッチを別々にする方法です。

3芯ケーブルを使用します。

 

・2つの離れたスイッチを設けた配線

1つの電化製品の電源を、離れた場所にある2つのスイッチのどちらからでも入れられる方法です。

3路スイッチを使用します。

 

・3つ以上の複数スイッチを設けた配線

4路スイッチを使用して、1つの電化製品をどのスイッチからでも電源を入れることが可能です。

 

・スイッチ付きコンセントの配線

スイッチにて、電流のON、OFFを行いたい場合に有効な方法です。

コンセントを刺しっぱなしにして、必要な場合のみスイッチをONにすることができます。

 


愛知県の電気工事は株式会社 大志電気にお任せ下さい。


会社名:株式会社 大志電気

住所:〒486-0913 愛知県春日井市柏原町3-110

TEL:0568-29-6463

業務内容:電気工事業


お問い合わせ

電気工事に関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで